内部SEO対策について説明していきます。

自らのサイトを改善することで検索エンジンでの評価を高めるための対策を内部SEO対策と言います。これに対して外部のサイト等から被リンクなどの影響を与えることで、自らのサイトの検索エンジンでの評価を高めるための対策のことを外部SEO対策と言います。

具体的に内部SEO対策はGoogleのガイドラインに沿ったサイト・ブログの構築を進める作業になります。

品質に関する基本方針として(一部抜粋)

・検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。

・ユーザーをだますようなことをしない。

・検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為をしない。

・どうすれば自分のウェブサイトが独自性や、価値、魅力のあるサイトといえるようになるかを考えてみる。

ユーザーの利便性の高いサイトを考えてオリジナリティのある魅力的なページ作りに励めよ、そしてユーザーや検索エンジンを騙すようなことはするな、ということが大原則になります。

よくコンテンツを増やす(ブログなら記事を更新する)のが内部SEOに有効と言われますが、Googleはページを増やすこと自体は触れていません。ページがユーザーの利便性を最優先に考慮されて独自性や、価値、魅力のあるサイトであることが重要で、その意味では1ページだって別にいい訳です。

というか内容の薄い記事を一杯更新するのは無駄な作業か、逆効果になるリスクもあるんですね。過去テキスト2000字以上、200ページ以上のブログを作ってアドセンスでウハウハー!ノマド万歳!!みたいな話もありましたが(笑)、ここはサイトを制作するにあたり注意しておきたいところです。文字数やページ数自体が評価される訳ではありません。文字数なんて「あああああ!」「おんぎゃああああ!」「わーいわーいわーい」とかでいくらでも増やせる訳であります。

すなわち、いくら構造的な内部対策や外部対策を施してもサイト自体にGoogleの検索エンジンユーザーからの評価が低ければGoogleは評価しないということになりますね。

 

次に一般的なガイドラインとして

Google がページを検出できるよう手助けする

Google がページを理解できるよう手助けする

訪問者がページを利用しやすいよう手助けする

サイト制作者が行う技術的な注意点として、Site map ファイルを作り、Google Search Consoleに登録する、参照リンクにテキスト、画像ならalt属性を含める、ページの読み込み時間を最適化する、ページ上の広告リンクが検索エンジンの掲載順位に影響を与えないよう適切な対処をする(広告にはnofollow属性のリンクを行うなど)、可能であれば、HTTPS を使用してサイトの接続を保護する(SSL認証)などが挙げられています。

 

Google Search Consoleへの登録

長期的に検索エンジンの順位には直接影響しませんがGoogle Search Consoleへは登録したほうがインデックスのスピードは確実に早いです。

☑参照リンクにテキスト、画像ならalt属性を含める

リンク先をテキストで明示してあげるか、画像からリンクを飛ばす場合はalt属性<alt=”テキスト”>を加えてリンク先がどこに向かうのか明示するようにします。

☑ページの読み込み時間を最適化する

サイトの読み込み時間が遅いとユーザーの満足度が下がるものとGoogleは認識しています。例えば無料や格安サーバーを使っている方はページの読み込み時間が遅いことが多く注意が必要です。ページの読み込み時間を最適化にはPageSpeed Insightsが役立ちます。自分のサイトを計測してみましょう。

☑ページ上の広告リンクが検索エンジンの掲載順位に影響を与えないよう適切な対処をする

広告にはnofollow属性のリンクを行うなどの対応が求められています。ビジネスでのサイト制作には関係ありませんが、アフィリエイトをされている方は気にされたほうがよいでしょう。

☑HTTPS を使用してサイトの接続を保護する

GoogleではSSL認証での接続を推奨しています。HTTP→HTTPSの切り替えを進めているサイトも多くなっている状況ですが、検索順位自体に対するネットの反応は様々です。ただSSL認証によりライバルを一足飛びに追い越すような効果は無いというのが主流の意見のようです。

 

その他、テクニック的な内部SEOの方法はいろいろとありますが、至上命題が「検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先に考慮してページを作成する。」ことであるのに間違いはありません。

即ち、ユーザーの利便性の無いサイトはいくらGoogle Search Consoleに登録しても、リンクをテキストで送っても、ページの読み込み速度が速くても、HTTPS を使用しても、一切無駄な訳です。

Google Search Consoleへは最低限登録すべきですが、細かいテクニック論や高速化など技術的な課題は時間に余裕のある時にでも対応し、まずはユーザビリティーの向上を考えるということを内部SEOの方針として行きたいものです。