マリンさん
大阪府のペンネーム うどんぎょうざさんからのご相談です。
拝啓 小次郎先生、マリンさん

毎度お世話になっております。大阪でブロガーやってます、うどんぎょうざでございます。
日々ブログを更新しておりますが、常連さんは毎日見てくれるのですがアクセスが頭打ちになってしまい打開策を探しています。他のブログやサイトと相互リンクしてドメインを強化したほうがいいでしょうか?ブログは独自ドメインでワードプレスを使っています。

小次郎先生のアドバイスをお願い致します。

byうどんぎょうざ

小次郎
あちゃー、相互リンクですか。
マリンさん
みたいですね・・・。
小次郎
一昔前はブログの外部SEO対策に相互リンクが全盛だったのですが、今やってる人はほとんどいなくなったんじゃないすかね?
マリンさん
どうしてですか?
小次郎
2012年のペンギンアップデートやGoogleのリンクプログラムで相互リンクのみを目的としたページ(相互リンク集やリンクのための独立したページ)の作成が違反になってしまうリスクが出たのをきっかけに相互リンク運動をする人がほとんどいなくなってしまったんですね。
マリンさん
過剰なリンク交換はペナルティーでしたよね。
小次郎
そうですね。ただ2012年のペンギンアップデートでGoogleは過剰なリンク交換などのブラックハットSEOを行っているサイトの対策を強化し、ガイドラインに違反するとみなされたサイトは検索順位を落とされてしまったんです。
マリンさん
なるほど。これからわざわざ相互リンクに力を入れなくともいいと言うことでしょうか?
小次郎
そうですね、今や相互リンクは盛り上がってもいませんし、Googleもまたガイドラインを改訂するかも知れませんし、良質なサイト作りに専念したほうがいいではないでしょうか。
マリンさん
過去、過剰な相互リンクをしまった場合の対策はありますか?
小次郎
Googleの動向を静観するしかありませんが、相互リンクを外しちゃっても構わないなら外せばいいし、外せないなら発リンクにnofollow属性を加えるとかしたほうがいいのかも知れませんね。
マリンさん
小次郎先生のブログは相互リンクすら1個もないのでよかったですね。
小次郎
・・・・・
マリンさん
こんにゃくたこ焼きさん、これから相互リンクに力を入れても効果は小さいようです。コンテンツの充実のほうに力を注いでいきましょう(#^^#)
小次郎
昔はブログを作ると、よかったら相互リンクしませんか?ってコメントが毎日来てました。あー懐かしいなあ・・・なの人たち元気なんだろうか?

 

相互リンク教の時代は終わったのか?

相互リンク(そうごリンク)とは、2つのウェブサイト間で互いに(相互的に)リンクし合う状態を表す。

wikipedia

過去は相互リンクが外部SEO対策として一世を風靡しまして、みんなでとにかく相互リンク!相互リンクしようぜ!!って結構大きな会社や事業主も相互リンクしてた時代がありました。

相互リンク教の全盛時代ですね。一日一本相互リンク!みたいな(笑)。

もともとGoogleの品質ガイドラインに違反するリンクには「過剰なリンク交換(相互リンク)」は入っていたのですが、過剰の扱いがゆるかったんでしょうね。

しかし、2012年のペンギンアップデートでGoogleの品質に関するガイドラインに違反するサイトの対策が実施され、品質ガイドラインも強化されました。違反するとみなされたサイトは大幅に検索結果の順位を下げました。

Google リンクプログラム

むやみやたらにリンクするのはあぶねーぞ?っていう時代になっちゃたんですね。で、相互リンクする人も減っていったと。

ただ、現在のところは「相互リンク集」というキーワードで検索すると古い相互リンク集が検索結果に出てきますし、相互リンクをガンガンやっていた古いホームページやブログも検索に一応ヒットしてきます。

完全に相互リンクの効果は消滅したのか?

いえ、Googleのリンクプログラムの言う一定のリンクは評価されなくなっただけで、内容の類似する専門的なサイト同士で相互リンクしたらどうなの?とか、読者に支持されているパワーブログ同士で相互リンクしたらどうなの?とかよく分からない部分はあります。

効果がないとは言い切れないが、相互リンク数の増加とか頑張んなくていい

このため相互リンクが完全に意味のないものとは言えませんが、少なくとも過去のように無差別に相互リンクを頑張っても効果の無い時代になっているのは確かです。もうやってる人もあんまりいません。

相互リンクとか余計なとこに労力を使わないでいいだけ良い時代になったと考えるべきです。サイトの中身を充実させましょう。

無料プレゼント(コピーライティングのテクニック)