マリンさん
滋賀県のペンネーム 腐ったふな寿司さんからのご相談です。
拝啓 小次郎先生、マリンさん

ヤッホー!腐ったふな寿司と申します。

自分も人気ブロガーになりたい一人です。ブログのアクセスアップを考えていますが、グーグルの検索上位にあるサイトのレクチャーだとSNSで拡散されるような記事を投下するのが効率がいいと書いてありました。私のブログの記事はSNSで拡散されたことがないのですが、いったいどんな記事を書いたらみんなに拡散してもらえるのでしょうか?
小次郎先生のアドバイスをお願いします。

by腐ったふな寿司

小次郎
あちゃー、SNSでの拡散記事ですか。
マリンさん
みたいですね・・・。
小次郎
普通に考えると読者に共感や感動を与える記事が出来たのでSNSでどんどん拡散されていくわけであって、SNSで拡散させるために記事を準備するというのは順序が逆なんじゃないかと。一般論ですいませんが。
マリンさん
なるほどー。でも具体的な方法は実際にあるのでしょうか?
小次郎
よほどおもしろい企画記事か、フカシた記事でも書くか炎上商法くらいしか思い浮かびませんねえ。
マリンさん
おもしろい企画記事ならいいですけどフカシと炎上商法はなんか怖いですね。
小次郎
ただこのフカシや炎上商法の場合は成功したとしても効果はほんの一時に過ぎないでしょう。評判悪くする可能性も高いし、ほかにおもしろいネタがなければ飽きられます。
マリンさん
一発芸人みたいですねー。
小次郎
そうそう。SNSで記事が拡散されるよう準備するというのは一瞬のアクセスのために多大な労力を使ったり、リスクもあるので結構大変だと思います。
マリンさん
人気ブロガーとして名前売っていきたい人とかはやりそうですね。
小次郎
うーん、そうですねー。やりたきゃ止めはしませんけど、警察のご厄介にはならないようにしてくださいね。
マリンさん
小次郎先生のブログは一度もSNSで拡散されたことが無いわりには詳しいですね。
小次郎
・・・・・
マリンさん
腐ったふな寿司さん、よい記事を書いた結果、SNSで拡散されて思わぬアクセスアップを期待できるようコンテンツを充実させたいですね(#^^#)
小次郎
一瞬の効果より長い目でブログの体力をつけたほうが労働効率はいいとは思います。もしどうしてもやってみたければ、おもしろ系の企画記事とか考えてみてもいいんじゃないでしょうか。

 

SNSでの拡散→バズる

SNSで拡散で拡散されそうな記事を準備することは出来る知れませんが、実際に拡散されるかどうかは運次第ですし、企画実行のためかなりのパワーを使ってしまうと思います。それでもやりたい場合、ネタを考えてみるというレベルでいいんじゃないでしょうか?

まあバズると超絶のアクセスが来ますので、うまく行けば楽しいでしょうね。

バズる
別表記:Buzzる

特定の単語や物事がインターネット上で爆発的に多くの人に取り上げられることを意味する語。TwitterやFacebookなどのSNSで急に話題となった時に用いられることが多い。「口コミ」という意味のマーケティング用語「Buzz」を動詞化したものと思われる。

Weblio 辞書

とっても面白い記事を書いたり、炎上させる記事を書いたりすると、ツイッターやフェイスブックなどでどんどんその記事が拡散されていく現象をバズると呼んでいます。たとえばこんな記事ですね。

おもしろい!でも自分で作るのは大変でしょ?

無料プレゼント(コピーライティングのテクニック)