マリンさん
宮城県のペンネーム どうなっとんじゃ さんからのご相談です。
拝啓 小次郎先生

農業の傍ら、セカンドビジネスとしてアフィリエイトに取り組んで1年になります。
現在までほとんど収益らしい収益は発生しておらず、作ったサイトのアクセスを増やさなければならないと思い外部SEO対策に乗り出しました。別のドメインから被リンクを送れば効果があると聞いたので一心不乱に無料ブログを作って50本ほどの被リンクを送ったのですが検索順位はほとんど変わらず効果がありません。
無料ブログからの被リンクではダメなのでしょうか?

小次郎先生のアドバイスをお願いします。

byどうなっとんじゃ

小次郎
あちゃー、無料ブログから50本もリンク送っちゃったんですか。
マリンさん
みたいですね・・・。
小次郎
無料も有料も一緒だと思いますが、関連の薄いサイトや内容の乏しいサイト(ペラサイト)からリンクを送っても今はほとんど効果はないですね。
マリンさん
どうすればいいんでしょう?
小次郎
これ以上増やしても一緒です。だいたい一般人が作ったサイトに50本もリンクが集まるというのは不自然ですし。
マリンさん
小次郎先生も昔、無料ブログいっぱい作ってリンクしてましたけど全然効果なかったですよね。
小次郎
・・・・・・・
マリンさん
どうなっとんじゃさん、効果が見られないときは立ち止まってみることも大切です。過去の事例のようにペナルティーを受けなかっただけよかったかも知れませんね。そして目標に向かって諦めずに頑張りましょう(^^;
小次郎
一応効果があった方法を解説してますのでよかったら読んでください。無料ブログでサテライトサイトを作って上手く行った方法

 

サテライトからの被リンク

かつてはサテライトサイトを作って被リンクを増やしていくのが外部SEO対策の一般的な手法でしたが、2012年のペンギンアップデートを経て、サテライト用のペラサイトからの被リンクは効果が非常に薄いか効果が無いという状況に変わりました。

Google Penguin(グーグル・ペンギン)は、2012年4月24日に最初に一般公開されたGoogleのアルゴリズムの更新に与えられたコード名である。その更新は、Googleに宣言されたブラックハットSEO技術(悪質な方法でページの検索順位を操作すること)を使うことによってGoogleウェブマスターガイドライン[2]に違反しているウェブサイトの検索エンジンランキングを低下させることを狙っている。そのブラックハットSEO技術は、あるページを指している大量のリンクを制御することによってそのウェブページのランキングを人工的に増加させることも含んでいる。そのような戦略はリンクスキームとして一般的に説明されている。 Google社のジョン・ミューラーによると、Googleはペンギン・フィルターの全ての更新を公表してきた。

wikipedia

一時はそういった被リンクがマイナス評価されたようなんですが、現在ではゼロ評価なんではないか?という説があり、私もそうではないかと思っています※1。

なので、残念ですがメインサイトに関連の無い(薄い)サイトからの被リンクや内容の乏しいサイト(ペラサイト)からの被リンクはほとんど意味を持ちません。無駄な作業になってしまう可能性が高いですね。


※1被リンクをマイナス評価すると、悪意をもってライバルサイトの順位を下げることが可能になってしまうためです。ライバルサイトに質の悪い被リンクを一杯つけて。

無料プレゼント(コピーライティングのテクニック)