マリンさん
岩手県のペンネーム もう疲れたよパトラッシュ さんからのご相談です。
拝啓 小次郎先生

会社を退職し1年前からアフィリエイトに取り組んでいます。やはりアフィリエイトの不労所得に魅力を感じている一人です。
パンダやペンギンアップデートを経て、これからの時代は内部SEOを優先させるべきと思い一日10時間以上休みなしで記事を更新し続けています。だいたい一日10ページを目標に記事を書いているのですがほとんどアクセスが増えません。
ブログ記事の更新は内部SEOに本当に有効なのでしょうか?

小次郎先生のアドバイスをお願いします。

byもう疲れたよパトラッシュ

小次郎
あちゃー、毎日10ページの記事更新を続けてるんですか。
マリンさん
みたいですね・・・。
小次郎
内部SEOを優先させるという方向性には賛同します。ただ普通ならアクセスが増えてもおかしくないんですが、もしかして内容の薄い記事か同じような記事を10ページ書いちゃってませんかね?
マリンさん
どうすればいいんでしょう?
小次郎
うーん、一回少し休んでいただいてどんな記事にアクセスが集まるのか作戦を練りなおしたほうがよさそうです。内容の薄い記事や同じような記事いっぱい書いてもアクセスは増えないと思いますのでね。
マリンさん
小次郎先生も昔、同じような記事を更新しまくってましたけどアクセス全然来なかったですものね。
小次郎
・・・
マリンさん
もう疲れたよパトラッシュさん、時には休養も大切です。そして目標に向かって諦めずに頑張りましょう(^^;
小次郎
不労所得を狙って、休みなしで毎日10時間記事を更新し続ける、なにかこう人間という存在のカルマを感じました。

 

記事の更新頻度を目標にするリスク

記事の更新は確かに一時的なアクセス増加につながるかも知れませんが記事の更新頻度を目標にするのは大変リスクを伴います。

なぜかというと、更新頻度を増加させると普通は1記事あたりの中身が薄くなってしまうからです。

中身の薄い記事は検索エンジンからのアクセスがほとんど望めませんので、古い記事がどんどんインターネットの深海の底へ沈んでいきます。

それでまたアクセスを集めるために新しい記事を投入せざるを得ないのですが、人間は疲労しますし、ネタも枯渇します。

やがて更新が止まればそのブログにはほとんどアクセスが来なくなるでしょう。せっかくのブログがもったいないですね。

そういった意味で、アクセスアップのために更新頻度を上げる作業を目標にするのはオススメしない訳です。

無料プレゼント(コピーライティングのテクニック)