SNSで自サイトを拡散する代表例としてフェイスブックとツイッターを取り上げます。時事ネタやおもしろい記事系のサイトを作られていて、そこに集客したいような場合、SNSでの拡散は効果を発揮します。

1.フェイスブックでの拡散方法

フェイスブックでの拡散は簡単です。
お知らせしたいサイトの記事をフェイスブックのタイムラインでシェアするだけです。

フェイスブックでの拡散

共有した記事に話題性があるような内容であればシェアされて読んでもらえると思います。ただ地味な記事はいくら投稿してもほとんど効果ないと思います。(相当友達が多い人は別かも知れませんが。)

 

2.ツイッターでの拡散方法

ツイッターで拡散する方法もあります。

拡散したい記事をこんな感じでツイートすればいいだけです。

ツイッターはフォロワー数がモノを言う世界と言う人がいますが、半分正解で半分不正解だと思います。フォロワーが一人もいないアカウントでも、ツイッター内で話題になることをつぶやけばそのツイートは拡散され広まって行くからです。

 

バズる

話題の情報がSNSで拡散されていく現象を「バズる」とも言います。バズるまで繰り返し拡散されればサイトへのアクセスは急増するでしょう。ただし、そのほとんどは時事性の強い芸能ネタかおもしろネタです。

 

 

 

 

無料プレゼント(コピーライティングのテクニック)