1か月ほど前に、Xサーバーで所有している1つのワードプレスブログを常時SSL化(https://~)してみました。

HTTPS (Hypertext Transfer Protocol Secure) は、HTTPによる通信を安全に(セキュアに)行うためのプロトコルおよびURIスキームである。厳密に言えば、HTTPS自体はプロトコルではなく、SSL/TLSプロトコルによって提供されるセキュアな接続の上でHTTP通信を行うことをHTTPSと呼んでいる。

wikipedia

実験対象は設置後3年目月1000~2000pvほどの小型のブログです。

移行方法は、

・Xサーバーでの無料独自SSL認証設定

・.htaccessでhttp://⇒https://へ301リダイレクト

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

を採用しました。

Xサーバー側での設定後、Google Search Console へhttpsのほうのURLを登録すれば完了です。作業自体は30分前後だったと思います。Xサーバーのマニュアルを見ながら実施すれば特に難しい作業はありませんです。



集客のメインキーワードが3位から8位へ転落

変更当日の検索順位は変わらなかったのですが、翌日メインキーワードで万年3位だった記事が8位まで転落してしまいました。

サイト運営が長い人は分かると思いますがニッチキーワードで3位→8位の転落は非常に痛い。

ギャー( ̄ロ ̄lll)、もうこのサイト、アクセス無いやんけ・・・

SSL化すれば何か起きるんじゃないか?とは思っていたのですが「やっぱりな」と言うか案の定でした。ただ、まだ想定の範囲内だったこともあって落ち着いて静観することにしました。

そして・・・

数日したら3位に戻っていた

ギクっとしましたが、数日しましたら元の万年3位まで戻ってくれてほっと一安心。

検索順位が下がっても慌てて施策はしないほうがいいようですね。

SSL化はSEOに効果があるという書き込みも多いのですが、常時SSL化から1か月ほど経過し検索順位が上がったとかアクセスが増えた感じは今のところはありません。ほとんど一緒と言うか、全く一緒と言うか。
まあ検索順位が下がらなかっただけよかったですw

Xサーバーみたいに無料で切り替えできるのなら実施してもかまわないと思いますが、SSL化が有料のレンタルサーバーなら無理する必要はなさそうですね。

他のサイトはもう少し様子を見ながら切り替えていく予定です。

大丈夫だとは思うんですが、やっぱりちょっと怖いっすからねw

無料プレゼント(コピーライティングのテクニック)